印鑑の歴史

イメージ画像

印鑑の持つ歴史というものは本当に長いものです。アジア地域では昔のものが発掘されたときなどに印鑑が出てくることがあります。小学生や中学生の頃、その印鑑の写真を社会科の教科書でみたことがあるという人も多いのではないでしょうか。当時も当然手彫りですから、細かい技術を必要としたことでしょう。また、削るための道具も、今ほど繊細なものは少なかったでしょうから、印鑑自体を大きくしないと、文字などを表現できなかったのです。

それが今では、人間だけでなく、機械の力を使って印鑑をつくることが出来ます。技術の向上により、細かな表現も出来るようになりましたから、印鑑のサイズ自体もどんどん小さくなっていったのです。いまでもかなり小さな印鑑も存在していますが、普段使うものとしては、あまり向きません。小さすぎれば目立ちにくく、朱肉を使って印を押したとしてもぱっと見たときに目につきづらいのです。また、印鑑が手にフィットせずに、押しづらいのも問題です。そのため、小さいものが作れる時代になっても小さすぎるものは好まれないのです。やはり使いやすさを考えれば、ある程度の大きさがあり、なおかつ手に持ったときに、スムーズに押せるようなサイズであることが良い印鑑の条件といえるでしょう。

【実印登録で印鑑をお探しの方はこちらから】
実印登録を急ぎで購入を考えている方は絶対必見!印鑑卸売市場は印鑑の専門店です。

印鑑において、印はもっとも大切な部分ではありますが、使いやすさを考えることも大事なことなのです。特に、使いやすさについては、直接手で触ってみないとわかりませんから通販などの購入では、わかりづらい部分とも言えるでしょう。



お役立ちサイト情報

印鑑選びでお悩みの方に便利な情報サイトをご紹介。
用語解説から印材、書体の種類など、様々な知識を提供しています。

印鑑のことなら印鑑お役立ち.com

このページの先頭へ