教科書で見た金の印鑑

豪華な印鑑イメージ

自分が中学生もしくは高校生の頃、歴史の教科書に、金色の印鑑がのっていたのをみたことがある人も多いのではないでしょうか。
あの印鑑が、今日の印鑑の基本ともなるべきものともいえますよね。

教科書で金の印鑑を見てから、印鑑というものは高価なものなのかということを、改めて感じたものです。

実際に、今も金を印材とした、印鑑はつくられているそうですよ。

さすがに教科書に載っていたような、全て金というものは少ないでしょうが、デザインやサイズも、現代において日常的に使えるようなものになっており、資産価値も高いとされていて、好んで作られる方もいるようです。当然価格も高くなりますが、いざというとき換金できるという考え方が出来るということですね。

印鑑というものは、自分の名前が彫られていますから、誰か他の人が使うということは出来ないものです。
そのため、自分が印鑑を不要になったとしても価値がなくなってしまうような気がしますからね。

表面を削って、新たに文字を彫ることも出来るそうですが、せっかくの立派な印鑑を、大きく加工してしまうのはなんだかもったいない気がします。
それならば、いっそ金のようにそのままの状態で形を変えられる方がいいともいえますしね。

金属のはんこというものは、印材としては利用している人は少ないでしょう。
また、加工してくれるはんこやさんも少ないですから、自分の欲しい印材を取り扱っているハンコやさんを探さなければいけませんね。

広告[印鑑お急ぎではありませんか?]

印鑑を格安で作れるお店印鑑の専門店・日本印章社では、
高品質な手仕上げの印鑑をどこよりもお安くお買い求めいただけます。
個人の実印も、会社印鑑も最短即日出荷OKです!

ページの先頭へ