サインと印鑑

サインイメージ

サインをする文化というものが、かなり日本に根付いてきていますよね。
宅急便を受け取ったり、クレジットカードを使って買い物をしたりと、ひとによっては認印を使う回数より、サインをする回数の方が多いという人もいるのではないでしょうか。

サインをするというのは、外国では普通の考え方ですが、日本人にしてみれば、やっぱり大事なところは印鑑が必要だと考えがちです。

自分の名前を書き、さらに印鑑を押して確実性を高めるわけですね。それでも、急速にサインをするという習慣が増えつつある今日をみていると、いつまで印鑑の文化が続くのかと、ふと疑問に思ってしまいます。

日本が海外に与える影響というものもあって、海外で普通に寿司をたべたりすることだってできるようになったわけですから、日本もいつか、サインだけのほうが便利だと考えれば印鑑はなくなってしまうのかなと考えてしまいますよね。

ですが、私の予想としては、印鑑の文化はなくならないと思います。
むしろ、この文化が海外に影響を与えて他の国でも印鑑のような風習が取り入れられる機会が増えるのではないでしょうか。

近代的になってきて、他の認証システムも出てきていますが、やはり長年続く印鑑の技術というものはすばらしいものです。
だからこそ今日まで続いているわけであって、その技術を信用しているからこそ、大事な場面に欠かせないと考えられているのでしょうからね。

外国でもそのすばらしさを知ることになれば、積極的に取り入れようと考えるのではないでしょうか。

ページの先頭へ